FP2級 最短合格サポート!!

忙しいあなたをお助けします。

【第5回】忙しい人向けの勉強方法とは?

よし!勉強しよう!
 
と決めたものの、計画通りに勉強が進まないというあなた。
 
その気持ち、よく分かります。
 
私は仕事が忙しく残業もよくあるので、
帰宅したら急いで
2歳の子供にご飯を食べさせ、
 
イヤイヤ言われながら
お風呂に入れ、
 
イヤイヤ言われながら
服を着させ、
 
イヤイヤ言われながら
歯磨きをさせ、
 
元気に走り回る子供を
必死に寝かしつけます。
 
そして、洗濯や翌日の保育園の準備をします。
 
このルーティーン生活ですが、
気付いたら夜の23時を回っていることは日常茶飯事です。
 
平日1時間すら机の前に座ることが難しい生活を送っています。
 
睡眠時間を削れと言われたら
それまでですが、
仕事に支障をきたすのも嫌です。
 
何より日中しんどいのが嫌です。
 
睡眠時間だけは確保したいのです。
 
ある工夫をすることで、
忙しい毎日の中で勉強する習慣
身に付けることができました。
 
その結果、今ではFPに限らず、
他の分野の勉強も捗(はかど)っています。
 

f:id:FP2:20210830002504j:plain

 

では、ある工夫とは何か?
 
どうやって勉強時間を
確保しているのか?
 
 
 
結論から申し上げます。
 
活用するものは、
今あなたの手元にある
スマホです。
 
机の前に座ってペンを持つことだけが勉強ではありません。
 
知識が頭に入れば方法は何でも良いのです。
 
スマホで勉強とは、
具体的にはFP2級の知識を
音声で吸収していきます。

f:id:FP2:20210830001815j:plain

通勤しながらインプット
 
家事をしながらインプット
 
子供を寝かしつけながらインプット
(もちろんイヤホンして、画面は下に向けておいてくださいね。)
 
つまり、「ながら勉強」をすれば
合計で1時間の勉強時間が確保出来るという訳です。
 
このスキマ時間の有効活用
積み重なれば大きな効力を発揮します。
 
 
それと記憶の定着に大事なことは、
アウトプットです。
 
インプットしたものを
アウトプットすることにより、
忘れにくくさせます。
 
どんな感じで
アウトプットするかと言うと、
目の前に小学生がいると
想像してください。
 
その子に分かりやすく
教えてあげるつもりで
ブツブツ独り言を言ってみてください。
 
さすがに公共の場では怪しまれるので
自宅でお願いしますね。
 
ご飯を作りながら、アウトプット。
洗濯物を畳みながら、アウトプット。
荷物を準備しながら、アウトプット。
 
 
インプット→アウトプット
 
この順番を忘れずスマホ
最大限に活用していきましょう。
 
アウトプットする時は、
エネルギーが要ります。
なぜなら頭を使わないといけないからです。
 
アウトプットすると、必ず
あれ?なんだっけ?となります。
 
それが特に大事です!
 
どれだけ頑張っても
思い出せない場合は、
再度インプットです。
 
そしてアウトプットしてください。
 
 
その繰り返しで着実に
記憶に定着していきます。
 
月曜日から金曜日は
その要領で勉強します。
 
そして土日に、落ち着いて机の前に座れる状態になったのであれば、
ペンを持ってザ・勉強をしていきましょう。
 
まずは一週間の内容を復習します。
 
細かい内容や苦手だと思った問題を
改めて学びましょう。
 
何度も言いますが、
勉強はアウトプットして
初めて定着していきます。
 
 
ここまで理解していただいた
あなたが次にやることは
インプットする音声を
見つけることです。
 
ではこれからやることは2つ。
 
1つ目
You Tubeで「FP2級」と
検索してください。
分かりやすく解説されている方が
多くいらっしゃいます。
 
試しに色々聞いてみて、
聞き取りやすい!
分かりやすそう!と
思った方のチャンネルを
登録してください。
 
2つ目
アウトプットするための
ツールを見つけます。
過去問題を集めているサイトや
対策アプリがありますので、
検索してみてください。
 
では早速今日から行動開始です!
 
最後までお読みいただき
ありがとうございました。