FP2級 最短合格サポート!!

忙しいあなたをお助けします。

【第14回】本番まで2週間!過去問題の取組方法

こんにちは、あっかーです。
 
いよいよ、試験当日まで残り2週間
 
あなたはどんな心境でしょうか?
 
最後の追い込み頑張るぞ!
 
緊張してきた。
 
不安が残る。
 
間に合うかなぁ。
 
様々な思いが錯誤していることでしょう。
 
ここまで頑張ってきたあなたには
後悔して欲しくありません。
最後までできることをやり切って欲しいと思います。
 
ちなみに私はラスト2週間、
とてもバタバタしてしまいました。

ここまで読んでくださったあなたには
落ち着いて試験日を迎えて欲しいと思います。
 
そこで、ラスト2週間でやるべきことを
まとめましたので、参考にしてください。
 

f:id:FP2:20210923224711j:plain

2週間前
 
過去問題を解いていきます。
 
直近の過去問題をお手元にご用意ください。
 
当日と同じように時間を測りながら
集中して解きます。
 
 
目的は2つ。
 
時間配分の感覚を掴むこと
 
そして仕上がり具合を確認すること。
 

f:id:FP2:20210923225543j:plain

 
直前の過去問はスキマ時間で解くのではなく、
本番と同じ環境を作り、
まとまった時間が取れる日に取り組んでください。
 
集中して解ききってください。
 
本番をイメージし、見直しも本気で行ってください。
 
全力を尽くして終わったのであれば、
すぐに採点をしてください。
 
結果はどうでしょうか?
 

f:id:FP2:20210923225722j:plain

合格点に達していた人
ひとまず安心ですね。
あぐらをかかずに、
ひたすら復習してより定着させていきましょう。
 
残念ながら合格点に達しなかった人
焦る必要はありません。
まだ時間はあります。

最後まで諦めず取り組みましょう。
本気で集中すれば最後の伸び率は凄まじいです。
 

f:id:FP2:20210923225923j:plain

 
時間はどうでしょう。
見直す余裕があったか?
ギリギリだったか?
 
1問にどれぐらいの時間が
かけられるか感覚が掴めるはずです。
 
この感覚を試験当日までに
掴んでおくことが大事です。
 
当日、焦ることがないように、
問題を解く順番や時間配分に関しても、
戦略を立てて取り組むようにしましょう。
 
 
この記事のまとめ
 
2週間前にすべきことは、
直近の過去問題を時間を測りながら本番同様に解く。
 
そこからラスト2週間に
すべきことを明確にしていく。
 
以上です!
 
次の記事では、過去問題を解き終わった後に
何をするのか具体的にお伝えしていきます。
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。